風車をめざして…

更新終了。永らくありがとうございました。
最近の記事5件

コメント凍結中

トラックバック凍結中

カテゴリー

バックナンバー

<< 改めて内野手は差があるな、と | main | 半分近く知ってる。上出来だww >>

あずにゃんの練習

意味があるのかしら?汗

キャンプ中のロングティーで、あずにゃんの練習風景を見た。

左側のカベを意識したスイング。
開きが早いって言われたんやろなー。

で、やってる練習が
  • 左肩を回さない
  • インパクト後も回さない
  • 何が何でも回さない

なので、
  • 腰も回せない
  • それでもスイングの勢いで腰が回転する
  • 慌てて左膝をクイッと中へ入れる
  • 文字通りの手打ち→クイッ、手打ち→クイッの繰り返し


・・・・おかしなことやっとる。

実際の打撃姿勢では存在しない動作。
開きが早いというのは、とは意味が違う。

日本のトップリーグのチームがやっている練習。
意味がないわけがない。
日を重ねて、“徐々に肩を開いていく”スイングに変えていくんだろうが、全力スイングにする頃には間違いなく元のスイングに戻ってる、とドシロートのわたしは断言しよう。

あるいは“練習の効果で”凄く窮屈なスイングが身について、普通に「打てない選手」になる。

これは「コンパクトなスイングを身につける」ため、「壁の前で素振り練習」するのに似ている(大振りするとバットが壁に当たり、大変危険)。
ゴロキング製造スイングの完成である。

まさに練習のための練習

ノート整理ばかりして、暗記作業をしない試験勉強みたいなもの。

勉強した満足感は得られる。


ただそれだけ。




この練習では、あずにゃんの打撃に未来は感じられん。




なおこれらの発言に一切の責任をとる気はないんでなww
書いた人 Gen◇◆ | comments(0) | - |




コメント


コメントもらえると嬉しいです













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Link

中の人

QRコード